術後の安定までの日数

レーシックの手術をされた経験者の人に聞きますと、大体効果が現れてくるのは手術を受けた翌日からだそうです。
ただしレーシック手術の種類、視力矯正の種類によりましては、効果の出方に多少なりの差が生じることがあります。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
レーシックの手術を実施するにあたり、多くの方が気にされていることというのがあります。
それがレーシック後に、どの程度でその効果を実感することが出来るのか?ということです。

 

レーシックの手術の効果が安定してくるのは、一般的に手術を受けてから一ヶ月ほどと考えておきましょう。
このようなことは事前に担当医から説明があるハズですので、聞き逃しの無いようにわからないことは積極的に質問をしていきましょう。



術後の安定までの日数ブログ:18-1-2021

体質に脂肪を溜めないご飯とは、
「栄養バランスがいいご飯」をとることです。
栄養バランスの悪いご飯では、
体質に溜まった脂肪を効率よく燃やすことはできません。

なぜ「栄養バランスがいいご飯」が
脂肪を溜めにくいのかと言うと…

カロリーのもととなる炭水化物・脂質・たんぱく質が
エネルギーとして効率よく使われるためには
ビタミン・ミネラルの助けが必要だからなんです。

ガソリンはあってもエンジンオイルがなければ、
車は動かないのと同じです。

炭水化物の主な供給源はごはん・パンなどの主食で、
脂質・炭水化物の主な供給源は肉料理、魚料理などの主菜です。

体質に溜まった脂肪を効率的に燃やすご飯にするためは、
ビタミン・ミネラルの供給源である
野菜・海藻・きのこなどの「副菜」を
しっかりと摂ることがポイントになります。

簡単に言えば、栄養バランスのよいご飯とは、
「主食」「主菜」「副菜」「汁物」の4品が揃った、
昔ながらの和食スタイルなんです。

日々全てを揃えなくても、
今日の夕食が肉料理だったら、
次の日の夕食は魚料理にする…とか
昼はラーメンだけだったから、
24時は多めに野菜料理を食べる、
…という工夫をしましょう!

ご飯をどのように食べるかも大切ですよ。
ご飯時間が不規則だったり、ご飯を抜いたりすると、
どうしても一食に食べすぎてしまいがちになります。

さらに、体質が「空腹時間が長い=飢えている」と判断し、
できるだけ大量のエネルギーを脂肪としてため込もうとする
体質になっていくのです。

体質に溜まった脂肪を燃やしたいなら、
24時間3食は必ず守りたい基本と言えますね。



ホーム サイトマップ
レーシックは両目に限ったことではない 悩みの遠視もレーシックで治療 レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 医師選びは知識と経験が大切