一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。 視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

社会人サークル 東京ナビ
http://0ffkai.lolipop.jp/ibentoichiran_tokyo.html



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:04-1-2021

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金〜!!!

ダイエット中は、
おやつは控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ〜?

で、私は考えてみました…

「おやつを食べたーい!」という人の頭の中は
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、お腹が空いていなくても、
おやつのパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
おやつを食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「おやつ」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
おやつのパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分のお腹を写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もおやつのパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「おやつ」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
おやつのパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?


ホーム サイトマップ
レーシックは両目に限ったことではない 悩みの遠視もレーシックで治療 レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 医師選びは知識と経験が大切