悩みの遠視もレーシックで治療

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。

 

レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。



悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:25-2-2021

シェイプアップで成功した人でも、
「リバウンド」を一度や二度は経験しているかもしれませんね。

ぼくも、辛い食事制限でシェイプアップしたのに、
簡単にリバウンドしてしまったという悲しい思い出があります。

では、
一度痩せた肉体をずっと保つにはどうしたらいいのでしょうか?

痩せた後も太りにくい肉体を作るには、基礎代謝のアップが必要!
それこそがリバウンドを防ぐ秘訣なのだそうです。

脂肪を落とすだけじゃなく、筋肉をつければ、
基礎代謝を高めることができます。

その筋肉を鍛える体操が、無酸素体操なのです。
筋力トレーニングが知られていますが、
ダンベル体操などもそうです。

日々少しずつ、
筋肉に負担をかける簡単な体操を続けることが大切!

100メートル走や重量挙げなどは一般の方ではなかなかできませんし、
息をとめるような無酸素体操なので、おすすめではありません。

おすすめの体操は、女性でも手軽にできるような静的体操です。
静的体操とは、走ったり歩いたりして、
肉体を激しく動かすものではなく、
肉体を固定して行う運動のことです。

押したり引いたりして筋肉の収縮を持続させるタイプのものと、
筋肉を繰り返し使うものの2種類があります。

どちらも筋肉を強くすることに効果的ですので
24時間数回1セットを日々続けるといいでしょう。

太りにくい肉体を作るためには、
wiiスポーツやwiiスポーツなどで
腹やうで、脚の
筋肉を鍛えることが大切なんですね。

ウォーキングなどの有酸素体操と合わせて、
無酸素体操で筋肉を鍛えることが最も効果的なようですよ!


ホーム サイトマップ
レーシックは両目に限ったことではない 悩みの遠視もレーシックで治療 レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 医師選びは知識と経験が大切